HAL探偵社は解約した場合、キャンセル料は発生する?

MENU

HAL探偵社は解約した場合、キャンセル料は発生する?

調査の必要性がなくなった、思った以上に長くかかりそう、また、費用が高くなりそうといった理由から、探偵会社との契約を途中で止めたいと思われている方もいることでしょう。そこで、HAL探偵社は解約した場合、キャンセル料の支払いが必要?気になる方は必見となっていますよ!

 

ここではHAL探偵社の解約・退会方法から違約金について徹底検証!またクーリングオフについても解説していますのでご覧下さいね!

 

※こちらで掲載していでる情報については、今後、変更、終了になる可能性もありますので、相談、依頼する際は公式サイトや電話で問い合わせて下さいね!

 

 

HAL探偵社の解約に伴うキャンセル料について

 

公式サイトを見るとHAL探偵社は、解約方法の詳しい詳細やキャンセル料発生の有無についても記載されていません。とはいってもハルだけがそうでなく、他の探偵会社のホームぺージは記載されていないのがほとんどで、それほど不自然なことでもなく不審に思う必要もありません。

 

探偵業法では、契約解除に関する事項を契約前に説明する義務があるとし、依頼する前に「重要事項説明書」によって、解約時に関する説明を受けることとなります。あえてHPに記載しなくても事前に説明を受けることができますので、それに従い解約、キャンセル料の支払いを行えば良いということになります。

 

ですが、相談や契約を検討している方にとっては前もって知っておくことで、安心して依頼できるという人もいるはずです。ここでは、大手探偵業者の一般的な解約方法やキャンセル料についてまとめていますので、HAL探偵社で人探しや行方調査、浮気・不倫調査、素行・行動調査、結婚前信用調査、など依頼を検討している方は参考にすると良いでしょう。

 

途中解約方法

 

  • 電話やメールで解約の連絡を行う
  • 店舗にて解約の手続きを行う

 

調査依頼後に解約したい場合は、専用ダイヤルでその旨を伝えることが最も手っ取り早い方法です。メールといった手段もありますが、確認するまでに時間がかかる場合もあり、その間、調査が続行され余計な費用がかさんでしまうことも考えられます。とにかく早急に調査ストップして欲しい場合は、電話での解約申し出がベストと考えられます。

 

また、HALは支店が主要都市の各地に構えていますので、近くにお住まいの方は来所してその旨を伝えることもでき、その際、スムーズに手続きすることも可能です。

 

解約のタイミングによるキャンセル料

 

探偵会社は依頼を受けると、着手する前に事前準備を行い、内容によっては予備調査を行うこともあります。そのため着手する前と着手以降の解約は、キャンセル料(違約金)が異なるのが一般的です。

 

  • 契約後~着手日前:調査料金の8%が平均相場!高いところは20%
  • 着手日以降:その時点までの稼働した分の料金、実諸経費が相場

 

HAL探偵社については、調査前のキャンセル料が発生するかは定かではありませんが、一般的には事前準備や予備調査にかかった人件費や移動費など請求される場合があるようです。また、着手以降であれば、稼働した分の請求があることは、HAL探偵社においても支払う必要性が高いと考えておいたほうがよろしいでしょう。

 

途中解約のトラブルを回避するポイント

 

  • 契約書にいきなりサインしない
  • 契約の解除に関する事項について説明を受ける義務がある
  • その際は解約時についても十分把握しておく
  • 契約書に記載されている解約料は支払うのが当然

 

探偵会社は先ほども申しましたが契約前に重要事項書面にて説明しなければならないとしています。逆に、その様な書面の交付、説明がない探偵業者は怪しいと思っておいたほうが良いでしょう。HALにおいてはきちんと交付、説明する手順となっていますので安心して依頼することができます。

 

そこで、この説明は、公式サイトにも記載されていない重要なことが多々ありますので、しっかり聞いて納得してから契約しなければなりません。また、解約の方法やキャンセル料についても説明があると思われますが、詳細が不透明な場合は質問して納得するまで説明を受ける必要があります。

 

消費者契約法9条1号では、解約料に関し、業者側が被った平均的な損害の額を上回った部分については無効になることが定められています。高額なキャンセル料支払い請求がある場合は、言われるがまま支払うのではなく、消費者生活センター等でまず相談してみて下さい!

 

HALとの契約はクーリングオフ適用?

 

一般的に訪問販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引、特定継続的役務提供、業務提供誘引販売取引、訪問購入などに適用されているクーリングオフは、キャンセル料や解約料不要で支払ったお金が返金されるといった消費者を守るための制度になります。

 

しかし、自分の意志で購入、もしくは店舗へ出向き契約した場合などは適用されません。探偵会社への契約は基本、必要性があり依頼するわけですので、適用されないというのが一般的です。ですが、無料相談後にしつこい電話や喫茶店等に呼び出し契約を迫るなどといった行為は、適用されることが考えられますので契約8日以内であればキャンセル料不要、支払った金額の全額返金が可能です。

 

HAL探偵社解約まとめ

 

  • 途中の調査ストップは可能
  • 契約後の解約はタイミングによってはキャンセル料が発生する
  • 公式サイトには記載されていないが、契約の際に書面にて十分な説明を受けることができる
  • 後払い制なので、解約にともなう返金はない
  • 支店・電話・メール等での探偵調査契約はクーリングオフに該当しない

 

 

公式HP・無料相談はこちら

 

24時間365日無料相談受付中です!

 

0120-730-064

 

HAL探偵社